So-net無料ブログ作成

突然ですがお引越し



こんにちはっ!
突然ですが、ソネブロがあまりにも重い&某友人の強引なる勧誘により本日からFC2にお引越し致します!
ソネットさんには1年近くお世話になりましたが、これからはFC2にてこの無気力日記を引き続き書き綴っていきたいと思う次第です。リンクしてもらっている皆さんにはご迷惑おかけしますが、お引越し先のURLはこちら↓


http://applepie39.blog51.fc2.com/


です!
それではそれでは。
よろしくお願いしまーす!

nice!(0)  コメント(0) 

冬眠願望 [日記]


前記事の暴挙のショックは少なからずも多からず、アイスドールは今日も眠いぜ・・・
今日は学校で、昨日から引き続きやっていたチェスをやっていました。
チェスって面白いですよねー。
私はギコチェスで涙を呑みつつ格闘し(何度負けたか分からない)、何とかルールを覚えました・・・あれあんまりレベル高くないとか書きつつ、全然強くないですか?
そしてあの駒の顔、長時間見つめていると殺意を覚える・・・ごほんごほん。
でも、初心者には良いサイトさんですよね。→ギコチェス
でもチェスって意外に知られていなくて、対戦者が乏しいのが難点。
つっきー、また付き合ってね!





今日はじゃかじゃかじゃかん!「初野晴さん」祭り!
この短期間でお高いノベルスを二冊も買っちゃった・・・いつ破産してもおかしくないぜべいべー・・・



1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス)

1/2の騎士 harujion (講談社ノベルス)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/07
  • メディア: 新書





こーれーは面白い!登場人物は言うと最初の方のネタバレになってしまい面白くないのでいいませんが、完全中二病としか思えないのはさておき、初野さんらしいファンタジックな連続短編集。
ミステリー&ファンタジーの質の高い作品だと思います。最近は「退出ゲーム」や「水の時計」で注目されつつある初野さんですから、これも是非文庫化してほしいですねー・・・もう買っちゃったけど・・・。
基本的なテーマは「5つの怪物からこの街を守ること」。なんだか嘘くさいテーマですけど、主人公のマドカの真摯な思いに飲み込まれいつのまにか物語にはまり込んでしまいました。
最後のオチは多少予想していたとはいえ、多種多様な世の中の犯罪、また犯罪によって起きる障害を上手く物語に織り込んでいたと思います。私も解決方法が無いだけに、難しい問題だよなあ・・・とつくづく考えてしまいました。
それから、私好みの作品であったかもしれません。私は絶望したりする話があまり好きではなく、何らかの夢のある物語の方が好みなのです。勝手な話ではありますが・・・。
ようするに『神様のご都合主義』ってあればいーなー・・・という(笑)
またマドカがアーチェリー部のエースという設定には、「これは・・・これは萌え要素以外の何ものでもねえ!」と脳内で叫んじゃったよごめんなさい。

ぜひぜひお読みください。







トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)

トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)

  • 作者: 初野 晴
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/05/08
  • メディア: 新書





「水の時計」と同じく、脳死の問題を扱った作品。何だろう・・・読んだ後切なくて切なくて。ただ、ちょいと「え?ここで終わり?」感があったことは否めません。
人は脳死してもその患者の意識は別の次元で生きていて、そのときの寿命や行動が現代に反映している、という設定。たとえで言えば、「ラザロ兆候」というのを知っていますか?脳死していても脊髄反射が残っていれば何らかの形で体を動かそうとする現象のことです。
そしてその別の次元というのは時間軸のずれた世界。つまり、脳死した患者は『精神の時間旅行』をしていまっている・・・・・・と、いったまさにファンタジーファンタジー。主人公ユウは脳死した子を助ける為、四百五十年前のイングランドへと飛ぶ。そこは魔女狩りという狂気に満ちた時代だった、というのが大体のストーリーです。
ここでもまた興味深いミステリーが織り交ぜられていて、良かったと思います。ただ全体として何が言いたいのかは分かりにくい。あと枇杷のキャラがヤンデレとしか思え(ry
凄く勉強して書いてあるのが分かるのが良い感じ。ある種の実験的作品なのかもしれません。






久しぶりに真面目に書いて凄い疲れたのはなんでだー!文章って、いつも書いてないと衰えますねえ。
最近とても寒くなってきました・・・。皆さん風邪に気をつけてください。
熱いココアでも飲んできまっす~。
nice!(1)  コメント(3) 

撫子バトン [バトン]

昨日現代社会の討論会的なもので発表することになっていました(ちなみに授業参観)。


めっちゃ緊張して・・・ってか前日に日米首脳会談なんかやっちゃってくれるからさー、私のテーマ「核廃絶」なのにさ~、嫌がらせかおい!


なのになのに時間切れで次回だしねー、あーあ。
あーあ・・・


この私の覚悟と心の準備と撫子バトンを書くはずだった時間を返せっ!

そして今手元に化物語が無い現実。

1ヵ月以上返さない某友よ。気に入ってくれたことは嬉しいけど、1ヵ月もかからないだろー!(泣)
・・・じゃあ、アニメネタで行こう。





暇なかたは続きから。



続きを読む


nice!(0)  コメント(5) 

さきがよめない [日記]




こんにちは!インフル地獄からようやく抜け出したましたぁ!


早速眠いです。


さて、キョウハ最近ちょっとやってみたかったとある漫画バナシをしようかと・・・。
最近の漫画は色んな意味で心配なんですよー←
まあ、めだかは置いておいて・・・バクマン・・・は、まあきっと大丈夫。銀魂は冗談だと思ってた映画化おめでとう!






サテサテ。

この前私は小学4年生以来始めて(何故だ)「ドラベース」を本屋で見かけ、発狂しかけたのはマジバナシです。
ドラベースというのはですね・・・
・・・ドラえもんの兄弟みたいな奴らがいっぱい出てきて一生懸命意味不明超人魔球を編み出し、友情努力勝利!の本編ではあまり重要視されてない秘密道具を日の目に晒すための漫画です!
言い切ってしまったーーーーー









ドラベース―ドラえもん超野球外伝 (1) (てんとう虫コミックス―てんとう虫コロコロコミックス)

ドラベース―ドラえもん超野球外伝 (1) (てんとう虫コミックス―てんとう虫コロコロコミックス)

  • 作者: むぎわら しんたろう
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: コミック









えーでも結構面白いですよ?
確かに色々突っ込みどころあるけど・・・突っ込みどころありすぎだけど・・・私はクロえもんの逆満月大根斬りが好きだったけど・・・ってかエーモンドのキャラが一番好きだったとか・・・ああ!
シロえもんも可愛いけどね。
ってか今書いて気付いたけど、逆満月大根斬りって・・・全然野球の必殺技に見えねえ・・・。
今どこまでストーリーが進んだんだろう。なんかエンドレスで続きそうな話ですよねーお得な漫画。
ドラえもんは全巻&映画大全集4巻持っている身ですが、ドラベースは冗談でやっているとしか思えない・・・いや冗談だからこそ良い漫画と言えるのかもしれない(笑)





この前「あいうえお作文」撫子verでネタとして使ってしまったのは昔の話。きっとインフルで頭がおかしかったんだよー・・・←結論









あさってニュース検定受けてきます。
何にもやってない・・・とりあえず一通り高かったテキスト問題集を読んでがんばります。
何で私受けてるんだろう・・・頭が痛くて思い出せない恐怖!



ではではー
nice!(1)  コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。