So-net無料ブログ作成

シルバーウィークの憂鬱 [日記]

普通ならば世に言う「シルバーウィーク」なるものは今日にて幕を閉じるのであろうが・・・


土日、悪夢青春輝く学園祭があったことを忘れちゃならねえ・・・はっはっは、代休って知ってるかい?


明日はカラオケじゃーーーー!



え?何?たった今福島・宮城の二泊三日旅行から帰ったばかりだとかぜーんぜん気にしないよ!これで行かないなんて、カラオケの神様が許しても私が許さねえよ!(誰だよ)
あー疲れたあ・・・



あ、そうそう上記の通り学園祭あったんですよぉ。文芸やら図書委員やら国語係やら映研やら某部活(伏せ)とか・・・一年間部活サボッてきたツケが怒涛の如く押し寄せてきたことは言うまでもなく(T_T)
私は接客業向いてないなあ・・・私は、隅の教室で夕陽に照らされながら一人ひたすら会誌を読みつつ店番をする的な絵になる仕事をしたかったというのに!←長っ
でもまあ、失敗も有り。成功も有り。これにて文芸の先輩サマはもう引退されちゃうそうで、私も役員になるのは確実なそーですから、これから忙しくなりそうですね~。



さて。




ネタがない・・・・




そういえば文芸同好会にて長編を書き始めました。ちょい米澤ちっくなお話になりそうですが、緻密に気長に冬までに完成出来たらいいなあと思っています。





ネタが無い・・・




はあ!(もう限界・・・)
ネタが無いからおすすめ本紹介します!
長いから続きからどーぞ。


続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 

怒られまぴた [日記]


どうも。アイスです。

何ということでしょう。



髪切り過ぎたぁぁぁ!!




もはや失恋レベルに切り過ぎたあああ!
なんか「いめちぇん♪」どころでは済まないぐらいのショートヘアーですよ。もう笑うなら笑え。
来月人生最後となるかもしれないピアノの発表会があるというのに・・・
っていうかこうして私、母に怒られましたけど一番ガックリきているのはこの私なのです。ええ、ええ、私のせいですとも。本読むのに忙しくて、美容師さんがあまりにも楽しそうにザクザク切っているから・・・


いやー、ここまできたらウィッグ付ければよくね?とか言ってみたら、「似合わねえよ」とザックリ斬り捨てられました・・・。ヒドいよ、こんなことってアリかよおおお。


・・・と、懺悔しておりますアイスです。
それで、その髪型が似合うか似合わないかといえば、そこまで残念な感じではないそうです。ってかほぼ一年前にも同じことをしていたような気が・・・しないしない。絶対しないもん。ねえ、メイちゃん?(涙)



あ、父親が私を見て一言。


「たまごちゃん」


・・・。




以上!
nice!(1)  コメント(4) 

らりほー効果? [日記]

それは、前触れもなく、微塵の迷いもなく、気が付けば刹那、襲い掛かってくる。
人びとはそれを悪魔と呼び、迫り来る悪魔から逃げまどうかのように絶望と混乱の狭間、それはそれは恐ろしい行動をとってしまうという。




・・・何をするかって?




リップクリームを瞼に塗るとか、定規で手首グリグリきりつけたり、定規で手首グリグリきりつけたり、夜道を徘徊したり、定規で手首グリグリきりつけたりします。


もはや、発狂としか思えない行動を・・・



眠気というものは起こしてしまうのである!






・・・初めて前フリやってみた。凄くなんか体力を使いました。もうしません・・・


っていうか、眠気に打ち勝つって可能なんですかね?「目がシャキ!」とか効かなそう~・・・景勝だし。←
ラリホーって精神的にアレですよね。ターンきてるのにひたすら待たなきゃいけない哀しさ・・・そして、滅茶苦茶攻撃受けてるのに起きないとかもう!ウインドウが真っ赤だよ!どれだけ寝付きがいいんですかおーい!


で、なんでこんなことを言ったかというと・・・
前までそんなことなかったのに、今ワタシ、睡眠時間7時間いるみたいなんでっす。
小学生!?と突っ込みたくなる程の眠気が襲い掛かってくるのにも関わらず、布団に入って眠りに落ちるまで10分もかかるんですよ・・・いつものワタシなら20秒で終わるのに・・・なんでええ!
不眠症・・・これ絶対不眠症・・・ねむれな~いねむれな~いねむ~い・・・





話は変わりまして。
今日、三時間目が物理ということで・・・友人Eと離れた棟までのんきに歩いていったのですが。
ちなみに教室は3階で、物理室も三階です。
(あ、途中にメイともすれちがった・・・あのときはまだ笑顔だった・・・)



着いたんです。


誰もいませんでしたが。
(フラグ立った!)



あ、そっかきっと後から来るんだねえとか思いつつ、一番乗り始めてじゃない?すごい初めてだよやったやった!あれあれもうチャイム鳴るのに誰も来ないし、え?今日移動教室じゃない嘘でしょえ?え?え?え?チャイム鳴ったよわー誰も来ない!




ここでデ・ジャヴが。



百物語のガハラさんの自虐ネタ、「移動教室」。



やっちゃった・・・やっちゃった・・・ついにやった・・・あ、でもまだ一人じゃないだけマシかって?そうだねそうだねそれは良かったね・・・




って良くないです。
阿良々木君同様友達は・・・いや、数えられる程度では無いにしろ、少ない私としてはまだ一人で無かっただけマシというのは当たっているけれど・・・
凹んだ。


凹んだ。



凹みました。












漫画一冊!



浅尾さんと倉田くん 1 (ガンガンコミックスONLINE)

浅尾さんと倉田くん 1 (ガンガンコミックスONLINE)

  • 作者: HERO
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: コミック





面白かった。堀宮もいいけど、こっちの方がやっぱり共感率高し。蘭・・・気持ちは分かる・・・なんかスゴく分かってしまう自分も自分だけれど、これが現実かな。
東のキャラは凄く好き。あ、もちろん倉田くんもいいよ!犬可愛い。蘭とのこの四人組がどんな形で関係が発展していくのか、たのしみ。堀宮ほどギャグ要素はないけど、読み続けていきないなーと思いました。



それでは。
nice!(3)  コメント(4) 

絶体絶命天上天下唯我独尊・・・ [日記]

はい、更新忘れてましたぁぁ!わーわーもう二週間以上放置してる!なんかゴメン!ゴメン私のブログ・・・



と、とにかく私の長続きしない性格を呪おう。
さて・・・夏休みも終焉を向かえ、今さらエンドレスエイトだったらどんなにいーだろーか~ww一万何回もは繰返したくないけれど、こういう時ばっかりキョン良いじゃん!と、思う。手伝ってもらえて!
あーあ宿題終わらねえよどーすんだよもうダメだよどーしよ・・・などと、中学生らしいことを呟きながら、ボーッとお昼の再放送「相棒」を見ていた私って一体!
どうなるんだか・・・



あ、そうだそうだ、私あと二週間程度で15歳になるんですよやったやった☆
誕生日プレゼントで三年間愛用したボロボロウォークマンをついに手放し、やっとウォークマン最新版を買ってもらいました。
あくまでアイポッド派とは対立するウォークマン派、アイスドールです。←なんかちょっと喧嘩売った
ソニックステージ万歳!



閑話休題。


最近見たDVD→NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」DVDBOX

最近読んだ小説→米澤穂信「インシテミル」初野晴「水の時計」有川浩「植物図鑑」甲田学人「断章のグリム いばら姫下」


最近読みたい本→はやみねかおる「都会のトム&ソーヤ完全ガイド」米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」


え、え、え!?
完全ガイドなんて出てたんですか!?
全然知らなかったんですけど!マチトムファンとしては、ちょっと今から本屋へひとっ走り行かないとマズいではないか!あーあー不覚!はやみねさん憎いっ!

いま、マチトム魂が、燃え始めたのだった。(笑)








おすすめの本をしなければ。でもその前に漫画を一つ。

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 大場 つぐみ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/08/04
  • メディア: コミック



ヤバい。新妻くんの高感度が格段にアップしてきやがった!そして「疑探偵TRAP」めっちゃ読みてえ!
ジャンプで最新までは読んでいるものの、何度読んでも面白いなー。月日の経つのが早いだけに錯覚しちゃうけれど、よくサイコーと亜豆の仲が持ってるよなーと思う。やっぱりこの二人、おかしい。絶対おかしいよ!
それから、とにかく先の読めない展開、面白すぎる。こういうタイプの話は久しぶりに読んだので新鮮だなーと思うし。
さて、ここまでの展開を推理した結果、我が友人メイによると・・・


「きっと最後は、サイコーとシュージンが『次描きたい漫画は、バクマン!!』って言って終わりだよ!」



あー確かにありそう・・・本当にそうだったらスゲーけど、まあそう簡単にはいかない気もする。どっちにしろ、ひさびさに毎週楽しみな漫画だなあ~ヽ(。・`ω´・)ノ




先週おすすめの本二冊、感想を載せると豪語してしまったのに申し訳ない感じなんですが、「インシミテル」はただ今手元に無い状態。返却されたらかきかきします。「水の時計」はかなり紹介するのが難しい本なのですが、うん。ガンバリマス。長いので続きからどうぞ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6) 

三年振りの不覚 [日記]




こんにちは。


今日は何かちょっと罪悪感感じながらブログ更新します。







三年振りにものすごい風邪ひきました!




多分インフル。頭が痛くて痛くて痛かったけど、喉鼻は全く症状なかったのでそれは良かったですけれども。
終業式サボっちゃったよ・・・。
これを不覚と言わずして何というか。


しかも頭が治ったと思ったら次は腹にきた。何このわさびソフトクリームみたいな病原菌は・・・
プラチナむかつく!!(一度言ってみたかった)
それでもドラクエがまだ終わらない。っていうか装備に金をかけすぎて進まないだけなんだけど・・・。
先週の銀魂の次回予告を見て欲しい。そうだね、クリアするまで放送やめよう!
頑張ろう・・・




そういえばこれを見ましたか!?
米澤さんの秋期限定が三位四位にランクイン!いやあ嬉しい嬉しいねえ・・・自分のことのように嬉しい。
話は変わりますが↓

遠まわりする雛

遠まわりする雛

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本





この前古典部シリーズの「遠まわりする雛」を某友人から略奪して読みました!が、これも最後が作者ニクイねえ・・・。まさかこうくるとは!いやこうきてほしかったけれど!(笑)
えるに冷たくされたり雛姿を見たりして動揺してるホータローが可愛過ぎる。最後のセリフは一瞬空白だったですけど、数秒後に「キターーーーーー!」って叫びました。あ、ハイ、変態でスイマセン(笑)
個人的には「あきましておめでとう」が好きかなあ・・・。あの歴史ネタは歴史オタクの父を持つわたし的にウケましたね。ただ「いや、それで気が付くの凄くね!?」とも思ったけれど。

あんなトリックやエピソード、どうやって思いつくんでしょうか。
ただあの校内放送のところはちょい無理があった気がするけれど、えるとの推理合戦的なところが新鮮でマル。
「遠まわりする雛」は、もう、いいですよね!あれは読め。いやいや読め。黙って読め。って感じ(笑)
初じゃないですか?恋愛系。まあそこまで米澤さんの作品を読みつくしていないので勝手なことは言えませんけれど(汗)
うわあ・・・読んだの結構前なのに全然思い出せるよお・・・ヽ(。・`ω´・)ノ

米澤さんは読んだ小説がことごとく私のツボを押さえてくるのでハマリにハマってます。
あの何の変哲もない日常の描写が目を閉じると浮かんでくるところとかもおきにいり。ホータローの省エネ精神には最近どうにも共感しっぱなしです。読んでいると「地方の公立の高校って良いなあ・・・」などと夢見てしまうのは傲慢かしらん。どうしても私立ってのは融通がきかないというか、硬いんだよなあ。。。
「六番目の小夜子」にもつうじるああいう「学校」という世界を色んな角度から描くってのは面白そうですね。もうちょっと文才があったなら・・・いや、一文芸会員としてこれから頑張って試してみたい。



以上でした。
あと、化物語放送するまで散々騒いどいて開始してから沈黙していたのは、まあ、アレですよ。


シャフトに動揺してただけですよ・・・!!(泣)

いや、もう大丈夫です。八九寺登場で生き返りました。
面白くないわけではないですよ?ただ、ちょっとびっくりというか何と言うか・・・。
まあ、毎週楽しみに見ます♪


それでは。
nice!(2)  コメント(10) 

ドラクエ魂!! [日記]


昨日のことです。新聞で事を知った私は・・・気が付けばヤ○ダ電機にいました。
↑の通り…

090711_150217.jpg


買った~!!!!


なんか美しいよ!感動しちゃったよ。もう。
オープニングからして、ほとんどゲームをやったことのない私は滅茶苦茶感動してしまった・・・。
あと、母と共同でやろうと思ってたら、これ「一人用」なんだね。冒険の書一つしか作れないとか・・・汚ねえよスクエニ・・・
アイスさんはゲーム音痴だけど何か?ええ、スマブラなんて最下位以外取ったことないけど

だから私は今、燃えている。
グッズを集めることに。(全クリじゃねえ!


あ、もちろん今日英検の二次試験コレのせいでボロッボロだったけど気にしないよ。もう面接のおばさんが苦笑いだったけどね!HAHAHAHA!(涙


びっくりしたのは主人公の目とか髪の色とか髪型、顔つきまで決められること。しかも仲間を見つけるんじゃなくて養成するってこと。それからそれから・・・
初期設定天使だってこと。死んでるじゃん
ま・・・まあ・・・頑張るっかな・・・いざとなったらドラクエマスターの母と攻略本に泣きつくとしよう。。



・・・なんて書いてたらまたドラクエがしてきたくなってきたので、以上!アデュー!
nice!(1)  コメント(4) 

終わりのないものはないさ。 [日記]

諸悪の根源終わたーっ!

始まったときは絶対終わんないじゃね?とか思ってたけどやっぱり終わりました。長かった・・・日曜日挟むとか絶対教師の陰謀だよ。・・・と言いつつやっぱり遊んじゃったよ!
今日は帰宅するとTSUTAYA速攻でこれ借りました↓



私が唯一最近の人で激はまってる歌手さん。
珍しいですよ・・・こんなことは何年ぶりかですよ・・・あいどるにも全く疎い女子中学生、あまりにも情けないので今時の歌手ぐらいは・・・一人ぐらいお気に入りが欲しい!と思っていたところ、親戚の女の子に教えてもらいました。GReeeenはやっぱり歌詞が好きかな。私は歌詞は一番重要な曲要素だと思うので。当然かもしれないけれど、最近はよく意味の分からない曲が多いと思うんですよねー・・・。
それから、あのハイトーンの声が凄く耳に残るんですよね。一番好きな曲はやっぱり『刹那』!





うに。うにうに。
本日二度目登場、帰宅途中に書店の方のTSUTAYAに行きました。
文学少女をせっかく梯子で取ってもらったのに、私の財布にはその代金600円すら残っていませんでした。
とぼとぼと帰ろうとしたら、ノベルスコーナーに化物語の公式ガイドブック?・・・いや、あの大きさをガイドブックと言って良いのだろうか・・・ともかく、尋常でないデカさの、ダンボールに包まれている異物が棚に窮屈に押し込まれていました。

私は目をそらしました。

もう一度見ました。

もう一度目をそらしました。


・・・・なんじゃありゃあああああ!!
私は無言で打ち震えましたよ。もちろん、買えません(涙)
まあ借りられるから良いんだけれどね・・・あは、私は良い友人を持って幸せだなー(棒読み)
もちろん、『西尾アニメプロジェクト』も、きっと友人くんが貰ってきてくれるよねー。ああ、楽しみ(黒笑)




MAMA (電撃文庫)

MAMA (電撃文庫)

  • 作者: 紅玉 いづき
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2008/02/10
  • メディア: 文庫




紅玉いづきさん人喰い物語第二弾ということで。

・・・うわ、これヤバイ。

私自身好みとしては雪蟷螂よりもこっちの方が入り込めました。
紅玉さんは、『女』をテーマにしているんですかね。『ミミズクと夜の王』では少女ミミズク、この物語でてくるトト、ティーランはとても哀しい運命をたどっているのに、それなのに毅然と、自分の思うままに生きる女たち。
憧れるなあ・・・。



美しいドレスは強固な盾。 鮮やかな微笑みは鋭利な剣。 全ての害意を跳ね除け、万物を裂いて。 守るべきはただひとつ、価値もなければ形もない、誇りという、確かな己の証だった___


まあ、もともと私はこういうふぁんたじーふぁんたじー好きですとも。
けれど、たくさんのふぁんたじーを読んできた中で、紅玉さんのふぁんたじーは全然わざとらしさがないんですよね。自分の頭に描いたそのままの世界を、表してるなあと・・・。
作っちゃダメなんだなあ。自分の思ったままを、登場人物が勝手に動き出すように。難しいなあ、と思います。






新訳 星の王子さま (宝島社文庫)

新訳 星の王子さま (宝島社文庫)

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫




何故いきなり名作きた?・・・って感じですよね。
いや、えーっと・・・テストの現実逃避で、本棚から引っ張り出してきたんだけれども。
よく、話を聞く限りでは『星の王子様』ってよく分からないという意見が多いような(私の周りに多いだけなのかもしれませんが)・・・というか、私はこれを小学生の時にペラッと読んで二ページで挫折した覚えがあります。
だって・・・、よく、わかんないだもん!(禁断の一言)


そういえば。
サン・デクジュペリは一度サハラ砂漠で不時着して死にかけたことがあるそうですね。
その経験を元に、執筆したそうですが・・・『星の王子様』は子供としての自分の姿なんでしょうか。けれど、大人として生きる自分の、『子供』としての疑問や苦悩といったものを、皮肉めいた寓話でもって言っているのかなあ・・・(汗)。ラスト、王子様がいなくなってしまうところは、その『子供』を結局は消してしまう他なかったと、いうことなのでしょうか。
小学生のころ読んだサン・デクジュペリの伝記を思い出しました。



色々他にも読んだんですが、今日はここまで。
これから怒涛の5連休4連休があるのでのんびりしたーいなあ~
ではでは(*゚ー゚*)
nice!(3)  コメント(7) 

光陰矢の如し [日記]



はい。アイスです。なんかまたまたテスト一週間前更新やってます…。ホント時間経つの早いよ!ほんのちょっと前に中間の一週間前記事書いたんですけど!

もうどうにでもなれ。

ただ今回の期末は金、土、月なので、月曜日のテストの教科は全て日曜日に一夜漬けに回します。きっとこの超完璧&効率的な計画のもと、私は勝利を手にする!と、信じれば何とか平均いけるはずかと。今までの経験上培われたものだよこの勘。
前回家庭科が一番悪かったとか笑うに笑えねえ。

…。



ポジティブーに考えればあと一週間したらテストが終わるんだし化物語も始まるんだしアイスさんは絶好調さ!(空元気)



はあ…。
とか言いつつ昨日米澤穂信の古典部シリーズ最新巻「遠回りする雛」をイッキ読みしてた自分、死んでこい!って感じなんですけれど…。今もこうしてのんびりだらだらパソコンしてる自分!今どんだけ背中に課題を抱えてるのか分かってんのかおい!…などと一人喧嘩中です。
はい。というわけで一週間後、きっと私は爽やか軽やかに帰還します。もし帰還されなかった場合はアイスさんは宇宙の彼方に飛んでいったということで、ジ・エンドとなります。ご了承ください…。

では行って参ります。(もうこの記事全部独り言だ…とか気にしないよ!)
nice!(1)  コメント(4) 

わお。英検終わったぜっ [日記]

わお。
全然更新してなかった…最近何だかんだ忙しいよなあ・・・・。
今日は。英検に。行ったのですが…。

焦った。
焦った。
焦った。

もうね、電車で行けばよかったね。車で行った私が馬鹿だよ。はい、馬鹿ですとも。でも何でいつもすっきすきのがっらがらの道が超混み動かねーんだよ!もうあと五分遅れたら絶対遅刻で棄権するところだった…。
試験会場に全速力で入ってたら、何か外国人の優しそうなジェントルマン的な男の人が笑顔で。

「Hello! How are you?」

あ、うん。は、はろーふぁいんせんきゅー。。

そのジェントルマンさん(仮名)は、もうあとちょっとで遅刻ってのに余裕の笑みでしたね。私は汗だらだらで肩で息しながら、日本語英語でかなり無理な笑顔を浮かべました。
何か他の日本人のスタッフの人は私を見て「こっちですから急いでください!」って慌てた感じだったのに、彼は違いましたね。これこそアメリカクウォリティなのか!?いやアメリカの方かは分からんがそんな気がしたぜ!
…で、9時30分集合厳守なのに着いたとき45分だし!試験開始が10時だったので何とかなったけれど教室入った瞬間視線の嵐が痛かった。。


とまあ。そんな感じで終わりました。リスニングが何故か異常に電話の応答のやつが多くて、英検ネタギレなのかなあと思いながらも。電話のやつって、必ず最初にコール音が鳴って、はろーじぇしー?あいむとむ!みたいな感じで始まるじゃないですか。分かりやすくてありがたかったけれど、それが四回ぐらいあったからびっくりしたわ・・・・。
まだ準2だけど、問題は二次なので頑張りたいです!



あと、一つ。
リスニングの時ずっと鼻をかんでいる人がいてですね。
「ずずっ」
「(英文)」
「ずずずずっ」
「(英文)」
「ずぞぞぞぞっ」
「(英文)」
聞こえねええええええ~!!!ちょ、ちょヤメロ~~~~~~!
教室の人みんな思ってたと思うよ…。





やるとかいっておすすめの本超大量にたまってるし。
とりあえずはまずこれから、ですかね…。


天使と悪魔 (上) (角川文庫)

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫



天使と悪魔 (中) (角川文庫)

天使と悪魔 (中) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫



天使と悪魔 (下) (角川文庫)

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06/08
  • メディア: 文庫




じゃじゃじゃん!うっわーダヴィンチ・コードよりは全然面白いね。
構成が、最後まで読者を飽きさせないです。でも何だかラングドンが現代版インディー・ジョーンズみたいに見えてきた。映画にしやすい話であると思うよ。
宗教と科学の対立っていうテーマが面白かったな。カメルレンゴの下巻の演説はほうほう…と我ながらちょっと納得してしまった部分もあるけれど、今から考えるとあれはあれでちょっと一方的な感じがした。
うう…オススメしにくい。でも、これは読んで損はないですよ。
最近こういう歴史の謎、みたいのを扱ったエイターテイメントミステリー、本でも映画でもみんな大好きですよね。フリーメイソンだとか…。でも、私は嫌いじゃないです。わくわくしますよね☆
この本とは直接関係ない話っすけど…。日本人はほぼ無宗教ですから良いですけど、ヨーロッパやその他周辺の国ではいまだに宗教で争ったりしているだなんて、それで神様が喜ぶと思っているのかなあ?神様の為に戦うだなんてただの口実だって思うし、利用されている神様とやらが可哀想になってきます…。


石田衣良の「灰色のピーターパン」より。


『世界中のキリスト教徒とイスラム教徒は、おれたちのいい加減さから学ぶところが、おおいにあるはずだとおれは思う。中東とアメリカはコーランと聖書を年に二ヶ月ずつ交代で読んだらどうだろうか。相互理解の助けになる。一神教徒同士の果てしない泥仕合には、もうつきあっていられない』

初めて読んだときは笑ってしまったけれど、この言葉には同感だなあ。





それから。

イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 細音 啓
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 文庫



これは、あの、何だろう、読むのに力が要らない。これこそ『ライト』ノベルだ。
面白いし私の場合は帰りの電車で読み終わりますネ。
作中に出てくる詩がとっても綺麗。全体的にとっても『綺麗』なお話かなあ。いつかは夢見たことのあるファンタジーの世界だよね…。
クルーエルが好きです!!絵が文学少女と同じなのですが、ネイトの顔が完全に心葉の小さい頃バージョン、みたいな・・・。
キャラ分け、もうちょっとした方が良いのでは。。。と思いました。



ここで一大ニュース!遅れちゃったけれど!


化物語声優決定!


ありゃりゃぎ君が何故に神谷なのだあああー!??つーかキャラ紹介見たけれどありゃりゃぎ格好良すぎだろ!もう超調子乗ってるなあおい!八九寺が可愛いよ…。
偽物語は実は上巻も読んでいない(某友人Mよ!何故…何故…あんな遠いところに置いてきてしまったのだあああ!?)。
ので。金が貯まったら買います。でも、とりあえずアニメが楽しみです。(放送開始日が期末当日だとかは気にしないです。全然気にしないです。)



西尾さんといえばネコソギラジカル下文庫版発売しましたね!今アマゾンやったら表紙が出ない…。
ともかく友が可愛い!いーちゃん格好いい。竹さん、何故戯言のイラスト集を出してくれないのですかぁ~。
それではまたー。
nice!(5)  コメント(8) 

戦士の休息をとる前に [日記]

終わった~!!

色んな意味でだけど。


え、えーっと(汗)、そんな訳でテスト終わりました!
応援、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ 本当励みになりました…。
ともかく三日間の地獄の日々も今日の10時45分、チャイムとともに現代社会という大きな山場を(結果はともかく)乗り越え、戦士は息絶え…いやいや、ほっとため息をつきました。
何あのテスト。日経平均株価はいくらでしょう、なんて聞かないでよ!知らないよそんなもん!あと株を計算させられるとは。焦りまくりの50分は短かった。
やっぱり中学校三年ともなると難しくなってくるんですね…最近やっと実感してます…。
遅くて悪かったな!先生!こんな底意地の悪い問題ばっかり出しやがって…!
…(笑)なんて愚痴はともかく、終わって良かったです。戦士は休息いたします。教会でセーブってな感じっす。



さて。前回の更新で『天使と悪魔』面白いーと言って、今やっと中巻です。土日あたりまでに読められれば、感想を更新したいと思います。あと、それから今月のダ・ヴィンチ号で特集していた小川洋子さんの『猫を抱いて象と泳ぐ』というチェスを題材にした小説も次回更新致しまっす。
これハードカバーで、ダメ元で図書館に希望図書をしてみたところ、図書副委員長の権力(!?)かどうかは分かりませんけど(笑)入れて貰えたんです!
チェス、面白いです。まだ全然初心者中の初心者なのですが、すっかりハマッています。
たしかチェスは、まだ人間はコンピューターに勝てないとか。まだまだ未知なゲームみたいなところに惹かれるのと、やっぱりハリーポッター影響でしょーか。
(もちろん黒執事は関係ないっす。それは関係ないってことにしておいてくださーい…(笑)


それでは読書したいと思います。ではまた(´・ω・`)ノシ
nice!(2)  コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。